まとめ記事

2016年北アルプス登山の振り返りと今後の登山計画(北アルプス全体マップあり)

投稿日:2016年11月8日 更新日:

2016年9月と10月で5回北アルプスの登山に出かけました。北アルプスは、3,000m級の稜線が連なる日本一人気がある山域だと言っても過言ではありませんね。豊富な山の数に加え、いずれの山も特徴的なので何度行っても飽きることがありません(๑´ڡ`๑)

感動・絶景の連続だった2016年北アルプス登山の振り返り

山好きな方なら「いつかは北アルプス!」・・・と考えますよね?しかし、いかんせん山の数が多いので、どの山に登ろうか悩ましい所です。ルートによって難易度も大きく異なるので更に悩ましい。

私自身、次はどこに登ろうかと妄想してウキウキしています。今後の登山を考えるために、北アルプスの全体マップを作ってみました。これを見ながら次はどこに行こうか考えたいと思います(๑╹ڡ╹๑)p♪

登山計画のために北アルプス全体マップを作ってみた

まずは北アルプスについて簡単にご紹介です。

北アルプスとは長野県、富山県、岐阜県、(一部新潟県)にまたがる飛騨山脈の事で、3000m級の山が脊梁を成す日本で最も高い山岳地帯です。日本の高い山ランキングを見ると、北アルプスの山々が顔を連ねます。

北アルプスには本当にたくさんの山が存在しますが、その中からメジャーなものをピックアップし、いくつかの山域に分けて北アルプスの全体マップを作製しました。

主な登山口も含めていますので、登山計画の参考にしてみてください。

北アルプスのエリア分けに関しては様々ありますが、①立山・剱エリア ②後立山エリア ③黒部・雲の平エリア ④槍・穂高・常念山脈エリアの4つに分けました。

“〇〇岳と〇〇岳も繋がっているよ”など細かい指摘もあるかと思いますが、大体の目安とお考えください。

それぞれの山の立ち位置が分かると、山頂から遠景を眺めた際、「お、あれは〇〇岳かな?」と見える景色が変わってきて、登山するのが一層楽しくなっちゃいます!

(オフィシャル版)山のグレーディングをご紹介

蛇足が続きますが、長野県と岐阜県が作っている山のグレーディングをご紹介しておきます。

長野県が発表している山のグレーディングがコチラ。北アルプス以外に南アルプスや八ヶ岳も含まれていますが、ここでは北アルプスに限って単独・縦走の難易度を見てみましょう。難易度が同じ場合、体力度を考慮して並べてみます。

長野県・単独で見たグレードが高い山

  1. 北穂高岳
  2. 西穂高岳
  3. 前穂高岳
  4. 槍ヶ岳
  5. 奥穂高岳
  6. 鹿島槍ヶ岳
  7. 白馬鑓ヶ岳
  8. 餓鬼岳
  9. 五竜岳
  10. 白馬岳

長野県・縦走で見たグレードの高い山

  1. 大キレット(北穂高岳⇔槍ヶ岳)
  2. 穂高縦走(前穂高岳⇔奥穂高岳⇔北穂高岳)
  3. 八峰キレット(五竜岳⇔鹿島槍ヶ岳)
  4. 不帰キレット(白馬岳⇔唐松岳)
  5. 裏銀座(烏帽子岳⇔・・・⇔槍ヶ岳)
  6. 表銀座(燕岳⇔大天井岳⇔槍ヶ岳)
  7. 白馬岳⇔雪倉岳⇔朝日岳
  8. 鹿島槍ヶ岳⇔爺ヶ岳
  9. 常念岳⇔蝶ヶ岳
  10. 唐松岳⇔五竜岳

こちらは岐阜県の山のグレーディングです。北アルプスの山は県をまたいでいる場合も多いので、多くは長野県と重複してますね。長野には入らない有名峰としては黒部五郎岳笠ヶ岳があります。

なお、富山県は山のグレーディングを作っていないようで、剣岳はグレーディングに含まれません。もしグレーディングするとしたら、間違いなく最難関に入るでしょう。

北アルプスは登山路によって難易度が大きく異なるので、こういう物があると助かりますね(๑´ڡ`๑)

北アルプスで今後登りたい山、歩きたい縦走路

やっとこさ本題に戻りますが、私が今後登りたい山、歩きたい縦走路をまとめてみます。

1. 裏銀座

まずは何といってもこれですね。七倉ダム/高瀬ダムからブナ立尾根を登り烏帽子岳へ。その後は野口五郎岳、鷲羽岳、三俣蓮華岳と歩いて最後は槍ヶ岳へ・・・と、続きますが、槍ヶ岳はすでに登っているので、若干アレンジして双六岳から笠ヶ岳へ足を伸ばそうと思っています(๑´ڡ`๑)

このコースの魅力は何といっても北アルプス屈指のロングコースになること。長野のグレーディングでも体力レベルは最高点がつけられています。4泊か5泊して、みっちり歩きたいと思います。黒部・薬師平と言えば北アルプスでも最も山深い場所の一つ。訪れる人は穂高・表銀座方面と比べたらだいぶ少ないようで、雄大な自然の中で静かな山行が期待できそうです。

また、ここは山岳愛好家の中では有名な黒部の山賊の舞台です。黒部の山賊とは三俣蓮華小屋の当主が記した黒部・雲の平を舞台にした本で、1900年代の山、山小屋の様子や山小屋建設の秘話、山で起きる不思議な階段などが書かれた超面白い本です。山好きな人、特にこのエリアに訪れたことがある人、訪れる予定の人は絶対読んだ方がいい。

以前は山小屋でしか購入できなかったものが現在はネットでも手に入るようになりました。元々行くつもりでしたが、この本を読んでなお一層楽しみになりました(๑´ڡ`๑)

鷲羽岳の雄大な姿、黒部五郎岳のカール、日本最後の秘境とも言われる雲の平。見どころ満載の場所ですね。

2. 剱・立山

岩と氷の殿堂「剣岳」。日本で数少ない氷河が認められている場所でもあります。昔は登頂不可能とさえ言われていた峻嶮な山であり、日本アルピニストの憧れの山。後立山を縦走している間、ずっと剱・立山エリアは見えているので気になっていました。

このエリアは山の数も限られますし、立山剣岳奥大日岳大日岳とまとめて縦走しようと思っています。剣岳登頂だけでも大興奮ですが、ここから眺める北アルプスの山脈を思うとワクワクしますね。

3. 薬師岳・五色ヶ原

日本に数ある薬師岳の頂点に立つのが北アルプスの薬師岳。裾野が広く雄偉な山容をしているとの噂。烏帽子岳から始まる裏銀座ルートで薬師岳方面に行くのもアリですが、上記の通り笠ヶ岳まで足を伸ばそうと思っているので、薬師岳は別途、折立から歩こうと思っています。

折立から太郎平小屋まで上がり、薬師岳を越えてスゴ乗越五色ヶ原へ。その後は獅子岳や龍王岳を回収して室堂まで進む計画。

4. 読売新道、赤牛岳、湯俣温泉

北アルプスにおいて(場所的に)最も登りにくい山の一つだと思われる赤牛岳。奥深い位置にあるため、赤牛岳に登るためには赤牛岳に狙いを付けて歩く必要があります。水晶岳から往復する方法もありますが、せっかくなので北アルプス屈指のロングルートである読売新道を歩きたいですね。

黒部ダムから始まるルートは途中で渡り船に乗る非常にユニークな工程。読売新道を歩いて赤牛岳に至った後は真砂岳、竹村新道と歩いて湯俣温泉へ。こちらも上で紹介した黒部の山賊でよく出る場所であり、その意味でもとても楽しみにしています(๑´ڡ`๑)

5. 西穂高岳、奥穂高岳 縦走

一般登山者が歩けるルートで最難関との呼び声も高いこの縦走路。山と高原地図によれば、この短い区間に危険個所を表す「!マーク」が4つも振られていて、こんな場所は他にありません。ロバの耳ジャンダルムという危険な岩稜を歩くスリルしかない縦走路です。

何のために歩くのかと言われると・・・穂高が大好きだからですね。まだ西穂高岳に登っていないので、どうせならこの区間も歩きたい。ここを歩かずして穂高が好きとは・・・ね( ・ㅂ・)و ̑̑

ただ、非常に危険な場所ということで、私にしては珍しくテントは担がず、山小屋泊(西穂高小屋、穂高岳山荘)で行こうかと考え中です。

「いいね」して頂くと、
Facebookで最新情報をお届けします。

お気軽にフォローください
           

comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

日本百名山~完全制覇への道~

日本百名山の全山登頂を目指すことにしました!現時点(2017年3月)から見て後2年、2019年度までに100座登頂を目指します。 このページには達成状況と各山の簡単な紹介を随時更新していきます。登頂し …

【北アルプス】山小屋はいつまで?雪はいつから?9月末から10月の北アルプス登山を考える

  北アルプスの中でも屈指の絶景と言われる「涸沢カールの紅葉」を見てみたい!9月は台風が通過したり低気圧と高気圧が交互に通過したりと、天候がはっきりしている季節。しっかりと晴れを見極めて秋の …

中央アルプス縦走まとめ:おすすめのコースや登山難易度、水場や避難小屋の情報など

中央アルプス縦走のコース概要、難易度や宿泊場所(山小屋・テント場)などの情報をまとめてみたいと思います。木曽駒ヶ岳から越百山までの主脈は、素晴らしい稜線歩きと絶景が楽しめるおすすめのコース。気を付けた …

冬山登山1年目の振り返り~装備、天気、登った山について~

先日、2017年の厳冬期登山をミッションコンプリートしました。「これくらい登れたら上出来」という回数、内容を超える事ができたかなと思っています。 どんな事でもスタートダッシュが肝心。新しいことを始める …

2016年に買ってよかった【写真・登山・旅】アイテム20選

いよいよ年の瀬、持ち物やブログの大掃除が目下進行中でございます。そんな中、持ってる装備品を見返すと、2016年は多くの買い物をしたなぁと思います。無職でこれだけの物欲を解き放つとは、もはや恐怖心すら覚 …


名前:清宮(きよみや)
2016~2017年、自転車日本一周達成。日本一周中に山の魅力に気づき、そのまま登山と山岳写真にハマる。でっかいカメラ担いで日本中の山を歩いています。夢は山ガールと登山すること。


follow us in feedly
Feedlyで新着記事を購読する。
292日に及ぶ自転車日本一周の記録。山以外の日本の風景写真。旅に関するコラムなどを扱っています。