まとめ記事

日本百名山~完全制覇への道~

投稿日:2017年3月9日 更新日:

日本百名山の全山登頂を目指すことにしました!現時点(2017年3月)から見て後2年、2019年度までに100座登頂を目指します。

このページには達成状況各山の簡単な紹介を随時更新していきます。登頂した山について、登山記録へのリンクを貼っていますので、詳しい山行についてはそちらをご覧ください。

日本百名山とは?

「日本百名山」とは、文筆家であり登山家であった深田久弥(ふかたきゅうや) の随筆の事。著書では、ご自身が実際に登頂した山の中から名山100座を選出、これらの山岳について紹介されています。

国や山岳協会が選んだ訳ではなく、一個人が選んだ山が広く百名山として認知されている事に初め驚きました。百名山制覇を目指して登山している人が大勢いるので、ものすごい影響力だと言えそうです。しかし実際、選ばれている山を見てみれば、一級品の山ばかり!「山の個性・品格・歴史」を軸に選ばれているため、多少好みの違いはあれど、皆が納得できる山一覧になっているんですね。

私は「自分の百名山を選びたい」ということを登山における一つの目標にしていますが、日本百名山制覇も目標に加えたいと思います。と、言うよりも、少なくとも日本百名山を登らずに自分の百名山なんて選べないですもんね。

百名山制覇を目指しはしますが、百名山しか登らないわけでは決してありません。他にも名峰はごまんとあるので、百名山に限らず、気になった山は登っていきたいと思います。

日本百名山リスト

  1. 利尻山(2016/7/21)
  2. 羅臼岳
  3. 斜里岳
  4. 阿寒岳(2016/8/3 雄阿寒岳は未踏)
  5. 大雪山(2016/7/13)
  6. トムラウシ(2016/8/13)
  7. 十勝岳(2016/7/7)
  8. 幌尻岳
  9. 後方羊蹄山
  10. 岩木山(2016/8/27)
  11. 八甲田山
  12. 八幡平
  13. 岩手山
  14. 早池峰(2016/6/3)
  15. 鳥海山
  16. 月山
  17. 朝日岳
  18. 蔵王山(2016/5/22)
  19. 飯豊山
  20. 吾妻山
  21. 安達太良山
  22. 磐梯山(2016/5/4)
  23. 会津駒ヶ岳
  24. 那須岳(2017/2/1 三本槍、朝日は未踏)
  25. 越後(魚沼)駒ヶ岳
  26. 平ヶ岳
  27. 巻機山
  28. 燧岳
  29. 至仏山
  30. 谷川岳(2017/2/16)
  31. 雨飾山
  32. 苗場山
  33. 妙高山
  34. 火打山
  35. 高妻山
  36. 男体山(2016/5/8)
  37. 日光(奥)白根山(2017/2/4)
  38. 皇海山
  39. 武尊山
  40. 赤城山
  41. 草津白根山
  42. 四阿山
  43. 浅間山
  44. 筑波山
  45. 白馬岳(2016/10/13)
  46. 五竜岳(2016/10/15)
  47. 鹿島槍ヶ岳(2016/10/16)
  48. 剣岳
  49. 立山
  50. 薬師岳
  51. 黒部五郎岳
  52. 水晶岳(黒岳)
  53. 鷲羽岳
  54. 槍ヶ岳(2016/10/22)
  55. 穂高岳(2016/10/6 西穂は未踏)
  56. 常念岳
  57. 笠ヶ岳
  58. 焼岳(2017/2/27)
  59. 乗鞍岳
  60. 御嶽
  61. 美ヶ原
  62. 霧ヶ峰
  63. 蓼科山(2017/1/18)
  64. 八ヶ岳
  65. 両神山
  66. 雲取山
  67. 甲武信岳
  68. 金峰山
  69. 瑞牆山
  70. 大菩薩岳
  71. 丹沢山
  72. 富士山
  73. 天城山
  74. 木曽駒ヶ岳(2017/2/15)
  75. 空木岳
  76. 恵那山
  77. 甲斐駒ヶ岳
  78. 仙丈岳
  79. 鳳凰山
  80. 北岳
  81. 間ノ岳
  82. 塩見岳
  83. 荒川(悪沢)岳
  84. 赤石岳
  85. 聖岳
  86. 光岳
  87. 白山
  88. 荒島岳(2016/11/29)
  89. 伊吹山
  90. 大台ヶ原山
  91. 大峰山
  92. 大山
  93. 剣山
  94. 石鎚山
  95. 九重山
  96. 祖母山
  97. 阿蘇山
  98. 霧島山
  99. 開聞岳
  100. 宮之浦岳

達成状況:22/100(更新:2017/3/8)

1. 利尻山(りしりざん)

都道府県:北海道 標高:1,721m 登頂日:2016/7/21

離島の中心にそびえる孤高の独立峰。オロロンラインからもその姿を見ることができる、とにかくかっこいい山!四方を海に囲まれているため湿った空気が入りやすく、山頂はガスに覆われていることが多い。この日は絶好の登山日和に思えたが、スタートがやや遅くなってしまい、この後猛烈な勢いで雲が発生、山頂に着いた時には一面真っ白に。必ず再訪して、次は山頂からの景色を愉しみたいと思います。

登山記録:【北海道・利尻山】離島に佇む名峰、山頂はガスだったのでいつかリベンジ・・・

4. 阿寒岳(あかんだけ)

都道府県:北海道 標高:1499m 登頂日:2016/8/3

阿寒岳には雌阿寒岳と雄阿寒岳があり、それぞれに特徴があります。私はまだ雄阿寒岳のピークは踏んでおらず、雌阿寒岳のみ登りました。いずれ雄阿寒岳も登りたいと思っています。雌阿寒岳は活火山で登山禁止になることがあるので、登れる時に登っておいた方が良いかもしれないですね。雌阿寒岳は登りやすい登山路を2~3時間程歩くだけで絶頂に到達できますよ!山頂からの景色は抜群、北海道らしい雄大な景色と火山地帯のような荒涼とした景色が素晴らしい。

登山記録:【北海道・雌阿寒岳】入道雲と活火山が作る山頂の景色に大興奮!

5. 大雪山(だいせつざん)

都道府県:北海道 標高:2291m(最高峰:旭岳) 登頂日:2016/7/13

神奈川県とほぼ同じ面積を有する大雪山国立公園の中心、全体の山塊としてとらえれば極めて大きな山という事になります。中心となるのは北海道最高峰の旭岳、白雲岳、北鎮岳など。山とは思えぬ広大な大地を、常に絶景を目の前にして歩くことができます。私の登山魂に火を点けた山であり、大雪山を地元に構える北海道民が羨ましくて仕方がない。白雲岳避難小屋キャンプ適地に泊まれば、遠くにトムラウシと満天の星空を楽しむことができます。

登山記録:【大雪山】絶景の大雪山縦走&初のテント泊!その1(赤岳~緑岳~白雲岳~黒岳)

6. トムラウシ

都道府県:北海道 標高:2141m 登頂日:2016/8/13

まるで王冠のようなピークを持つこの山は、遠くから見てもすぐにわかる存在感を放っています。最悪の遭難事故ともいわれる大惨事が過去に起きているため、怖いイメージがありますが、しっかり準備して天候を間違えなければ登れない山では決してない。山頂には「絶景」以外言葉にならない程の景色が待っています。

登山記録:【大雪山~十勝連峰縦走】旭岳からトムラウシを超え十勝連峰へ!(その3)

7. 十勝岳(とかちだけ)

都道府県:北海道 標高:2077m 登頂日:2016/7/7

富良野に行けば立派な山脈「十勝連峰」が誰の目にも留まるはず。その中の盟主である十勝岳が百名山に選ばれています。全体的にザレた登山路なので疲れこそするものの、難易度は決して高くありません。山頂からの景色は大雪山はもちろん、目の前に山容雄偉な富良野岳の迫力ある姿を楽しむことができます。私としては十勝岳より富良野岳推しです(笑)

登山記録:【北海道・十勝岳】北海道初登山、絶景の十勝岳へアタック!

10. 岩木山(いわきさん)

都道府県:青森県 標高:1625m 登頂日:2016/8/27

美しい山容で、東北を代表する山の一つ。これまでの登山の中で、圧倒的に苦労したのがこの岩木山でした。ロープウェイが走っているので簡単に登頂できる山であるにも関わらず、晩夏にゲレンデを通るルートを選んだため、100回は「引き返そうか」と悩むほど強烈な藪漕ぎを強いられることに。今となっては良い思い出です。この日は一面に雲海が広がり、藪漕ぎで疲れた体も心も癒してくれました。

登山記録:【青森県・岩木山】夏は地獄の藪漕ぎ「長平ルート」から雲海の待つ山頂へ

14. 早池峰(はやちね)

都道府県:岩手県 標高:1917m 登頂日:2016/6/3

東北の中でも山深きにある一座で、登山口までのアクセスがすでに登山のようなもの。この辺りは熊が非常に多く、目の前にある薬師岳は一層多い。この日は好天にもかかわらず、残念ながら山だけガスがかかってしまい、山頂からの景色はお預け。早池峰と言えば高山植物の宝庫で、この山にしか咲かない固有種が多い。ハヤチネウスユキソウが咲く時期には多くの登山客が押し寄せると言います。次はその時期か、あるいは積雪期に縦走しようと思っています。

登山記録:【岩手県・早池峰山】台風並みの風の中、固有種の花を求めて

18. 蔵王山(ざおうさん)

都道府県:宮城県、山形県 標高:1841m(最高峰:熊野岳) 登頂日:2016/5/22

宮城県と山形県が主権の奪い合いをしている山で、両麓にそれぞれスキー場があります。蔵王エコーラインという道路が走っているので、気軽に登れる百名山としても人気が高い。夏山に登ればエメラルド色に輝く大きな御釜と青空のコントラストが美しい。厳冬期は言わずと知れた樹氷の名所であり次は厳冬期に樹氷を見に行こうと目論んでます。

登山記録:【宮城県・蔵王山】地獄のエコーラインの先に待つ絶景「蔵王山の御釜」

22. 磐梯山(ばんだいさん)

都道府県:福島県 標高:1819m 登頂日:2016/5/4

福島県が誇る名峰中の名峰で、山容美しく、景観はバツグン、個人的に大好きな山の一つ。磐梯山から望む裏磐梯の景色は圧巻の一言。積雪期にも挑戦したいと思っています。もし関東近郊の人で「絶景」を求めて登山したいのであれば、磐梯山をおすすめしたい。アクセスもよく、近くには猪苗代湖があり、キャンプもできますよ!

登山記録:【福島県・磐梯山】福島の名峰「磐梯山」から見下ろす絶景

24. 那須岳(なすだけ)

都道府県:栃木県、福島県 標高:1915m(茶臼岳)登頂日:2017/2/1

既に登頂リストに名を挙げてはいるものの、那須岳を登頂したと言うには茶臼岳だけでなく、朝日岳と三本槍岳も登らなければなりません。那須岳は来年の冬も確実に登ろうと思っており、その際は三本槍だけか朝日岳を狙います。紅葉も美しいようなので、秋に訪れるのもおすすめ。冬はとにかく風が強いのでご注意を。

登山記録:【那須連山】茶臼岳 雪山登山~那須岳冬の風物詩を満喫した強風登山~

30. 谷川岳(たにがわだけ)

都道府県:群馬県、新潟県 標高:1977m 登頂日:2017/2/16

登攀の死者数があまりに多いため、魔の山の異名を持つ谷川岳。厳冬期に登れば、万太郎谷をはじめとした白銀の山嶺が見る人を魅了する。ここまで山一帯が白く染まる山域はそう多くないので、一見の価値ありです。あまりに絶景度が高いため、これを見てしまうと普通の景色では満足できなくなる可能性があるので、注意が必要なくらい(笑)厳冬期の登山は非常に厳しいが、晴れた日に天神尾根を狙うことでピークを目指せます。なお、荒天時には素直に撤退した方が良い山筆頭です。

登山記録:【谷川連峰】谷川岳 雪山登山~白銀の山嶺を求めて天神平から日帰りピストン~

36. 男体山(なんたいさん)

都道府県:栃木県 標高:2486m 登頂日:2016/5/8

栃木県は関東の中でも名峰が多く、その一つが日光連山の主峰「男体山」です。初めて登った百名山であり、やや霞んではいたものの、すばらしい景色を愉しむことができました。登山にハマるきっかけになったのは間違いない。一方、二荒山神社から始まる登山路は終始急登で、山頂までの道のりは決して優しくはない。難しくはないけれど、とにかく疲れるのでご覚悟を。

登山記録:【栃木県・男体山】百名山の登山デビュー!男体山は初心者にとってキツイ山でした

37. 奥白根山(おくしらねさん)

都道府県:栃木県、群馬県 標高:2578m 登頂日:2017/2/4

関東最高峰にして、奥白根山以北にこれより高い山はなく、貴重な標高を有する山。初めての登頂が厳冬期という鮮烈な奥白根山デビューを果たしました。日光湯本ルートはとにかく雪が多く、急登をひたすらラッセルして五色沼避難小屋へ。翌日は雲一つない快晴の中、氷結した五色沼と真っ白なドームにただただ感動しました。

登山記録:【日光】奥白根山(日光白根山) 雪山登山(後編)~魂の震える絶景へ~

45. 白馬岳(しろうまだけ)

都道府県:富山県、長野県 標高:2932m 登頂日:2016/10/12

この日は白馬岳の初冠雪に遭遇しました。うっすらと雪化粧を纏った山の姿は、残雪期とは違った趣がありますね。初めて見た雪山だっただけに、この時はその神々しい姿に心を奪われました。白馬大池でのキャンプは寒くて死ぬかと思ったけれど、それも良い経験です。夏は大雪渓から登るのが一般。この年は雪不足で通行止めという異常事態でしたが、次は緑の美しい夏山に登りたいと思います。

登山記録:【北アルプス】後立山 縦走(その1)~白馬岳で北アルプス初冠雪!雪の中で凍えた夜~

46. 五竜岳(ごりゅうだけ)

都道府県:富山県、長野県 標高:2814m 登頂日:2016/10/15

後立山の中で一番かっこいいと思うのがこの五竜岳。まさに「山」という字を具現化したような山容で、唐松岳から進んで全容が姿を現した時は、まさに圧巻の一言でした。遠見尾根から登ることもできますが、せっかくなら1泊して唐松岳から縦走することをおすすめします。山頂付近は急峻なため、滑落しないように注意しましょう。

登山記録:【北アルプス】後立山 縦走(その4)~後立山の中心、超イケメンの五竜岳~

47. 鹿島槍ヶ岳(かしまやりがだけ)

都道府県:富山県、長野県 標高:2869m 登頂日:2016/10/16

美しい双耳峰と吊尾根を持つ後立山の盟主。北峰と南峰を行き来する時の高揚感がたまらない。禍々しい山容は後立山の中では異彩を放っており、登山路に3大キレットである八峰キレットがあります。とはいえ、注意して歩けばそれほど危ない道ではないので、五竜岳から縦走するコースをおすすめします。なお、下山で使う柏原新道は膝への負担が大きいので要注意。

登山記録:【北アルプス】後立山 縦走(その5)~八峰キレットを越えて鹿島槍ヶ岳へ~

54. 槍ヶ岳(やりがだけ)

都道府県:岐阜県、長野県 標高:3180m 登頂日:2016/10/22

日本で五番目に高い山であり、北アルプスの中で最も人気で知名度が高いのは槍ヶ岳じゃないでしょうか。山頂部は長い垂直梯子、鎖が連続するので、高所恐怖症の人はどこかで耐性を付けてから来た方がいいでしょう。山頂からの景色が抜群なのはもちろんのこと、個人的には天狗池から眺める槍ヶ岳をおすすめしたい。風が無ければ完全なリフレクションで、壮観な眺めとなります。

登山記録:【北アルプス】表銀座 縦走(その2)~蕩けそうな雲海の後、東鎌尾根を越えて槍ヶ岳へ~

55. 穂高岳(ほたかだけ)

都道府県:岐阜県、長野県 標高:3190m 登頂日:2016/10/6

穂高岳の主峰である奥穂高岳は日本で三番目に高い山であり、北アルプスを代表する山岳の一つ。見たままに、登山路は岩稜続きなので、穂高岳を縦走する場合は緊張を強いられます。縦走の難易度は北アルプスの中でも非常に高いです。涸沢から奥穂高岳、北穂高岳へ通じる道があるので、まずはそちらから登ってみた方がいいかもしれません。なお、奥穂高岳~西穂高岳の縦走は日本屈指の難路です(再来年辺り行こうかと検討中)。

登山記録:【北アルプス】前穂高岳・奥穂高岳・北穂高岳 縦走(その3)~夕焼けの奥穂高岳~

58. 焼岳(やけだけ)

都道府県:岐阜県、長野県 標高:2455m 登頂日:2017/2/27

河童橋や上高地に行くと否が応でも目に入るのが焼岳。2017年厳冬期登山の最期に訪れました。最高地点の南峰は冬の間しか行くことができないので、三角点にこだわる人は冬に行った方がいいですね。1995年に水蒸気爆発が起きて死者がでており、噴火的な意味で怖い山ではあります。山頂からの景色は格別。この日はツェルト泊を敢行し、山頂から夕陽を眺めるなかなかにチャレンジングな登山でした。

登山記録:【北アルプス】焼岳 雪山登山(前編)~燃える焼岳で初のツェルト泊~

63. 蓼科山(たてしなやま)

都道府県:長野県 標高:2530m 登頂日:2017/1/18

整った円錐型の山で、山頂はとても広い。円錐型の山が好きな人にはたまらない山でしょう。北八ヶ岳の最北部にあるため、山頂からは南八ヶ岳や中央アルプスの展望がいい。女神茶屋登山ルートはずっと樹林の中を急登するため、山頂に着くまで辛い登りが待っています。この日は天気が良く、アウターを脱いでも汗ばむ陽気でした。

登山記録:【北八ヶ岳】蓼科山 雪山登山~広い山頂から八ヶ岳を眺める厳冬期百名山~

74. 木曽駒ケ岳(きそこまがたけ)

都道府県:長野県 標高:2956m 登頂日:2017/2/15

中央アルプス最高峰、木曽駒ケ岳は冬山登山で人気の山です。白銀の千畳敷カールを見るだけでも十分訪れる価値があると思うので、山に登らずともスノーハイクだけでも楽しいかもしれません。カールを登り切った先には宝剣岳の迫力ある姿が待っており、木曽駒ケ岳よりも宝剣岳に心を奪われました。この日は絶好の登山日和で、山頂からは御嶽や南アルプスの展望がすばらしかった。

登山記録:【中央アルプス】木曽駒ケ岳 雪山登山~絶景を約束された白銀の千畳敷カール~

88. 荒島岳(あらしまだけ)

都道府県:福井県 標高:1523m 登頂日:2016/11/29

福井県に山のイメージを持っている人は少ないかもしれませんね。しかし、実際行ってみると辺りには山が多かった。中でも荒島岳は他の山を圧倒して目立っており、現地でその存在を知った山でもあります。本格的な冬が訪れる直前、霧氷の美しい荒島岳に登ることができました。山頂は雲が多かったものの、晴れれば白山方面の展望が開けるようです。次は厳冬期の登山を狙っており、1泊2日で満喫しようと検討中。

登山記録:【福井県・荒島岳】初冬の荒島岳で霧氷と大野の眺めを満喫した登山

日本百名山登頂マップ

日本百名山の登頂マップを作りました!

「この山はどこにあるんだろう?」というのを視覚的に感じていただければ幸いです。Googleマップから登山記録に飛べるようにリンクを貼っておきましたので、併せてご利用ください(๑´ڡ`๑)

           

comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

2016年登山の振り返り~テント泊、縦走デビューした1年~

『2016年』それは私にとって日本一周の年であり、登山元年でもありました。 “日本一周しながら各県で1つくらい登山しようか” 出発当時はこれくらいの気持ちだったのに、いつの間に …

2016年北アルプス登山の振り返りと今後の登山計画(北アルプス全体マップあり)

2016年9月と10月で5回北アルプスの登山に出かけました。北アルプスは、3,000m級の稜線が連なる日本一人気がある山域だと言っても過言ではありませんね。豊富な山の数に加え、いずれの山も特徴的なので …

冬山登山1年目の振り返り~装備、天気、登った山について~

先日、2017年の厳冬期登山をミッションコンプリートしました。「これくらい登れたら上出来」という回数、内容を超える事ができたかなと思っています。 どんな事でもスタートダッシュが肝心。新しいことを始める …

2016年に買ってよかった【写真・登山・旅】アイテム20選

いよいよ年の瀬、持ち物やブログの大掃除が目下進行中でございます。そんな中、持ってる装備品を見返すと、2016年は多くの買い物をしたなぁと思います。無職でこれだけの物欲を解き放つとは、もはや恐怖心すら覚 …


名前:清宮(きよみや)
2016~2017年、自転車日本一周達成。日本一周中に山の魅力に気づき、そのまま登山と山岳写真にハマる。でっかいカメラ担いで日本中の山を歩いています。夢は山ガールと登山すること。


follow us in feedly
Feedlyで新着記事を購読する。
292日に及ぶ自転車日本一周の記録。山以外の日本の風景写真。旅に関するコラムなどを扱っています。