九州 登山記録

【屋久島】宮之浦岳を望むご来光登山~巨木の茂る花山歩道から~

投稿日:2017年5月8日 更新日:

永田岳から宮之浦岳とご来光を見てきました!この前、屋久島を南北に横断した際にも似たような場所からご来光を望みましたが、花山歩道を歩いて再びご来光登山です。前回見た時よりも焼けてくれて、素晴らし景色に出会うことができました。

“また行ったの?”と思われる方もいるかもしれませんが、あれです。

「好きな子とは、何度だって、いつだって、別れた後すぐにだって会いたくなる!」でしょう??・・・それと同じです(笑)

屋久島登山~花山歩道~

1日目(5/7)

  • 6:00 民宿「ぽんかん」
  • 7:00 大川林道
  • 8:50 花山歩道
  • 11:40 大竜杉
  • 12:00 花山広場
  • 16:30 鹿之沢小屋 

2日目(5/8)

  • 5:00 永田岳山頂付近
  • 9:30 鹿之沢小屋(発)
  • 14:00 花山歩道
  • 15:00 大川林道

屋久島の栗生(くりお)集落にある民宿から大川林道、花山歩道を歩いて鹿之沢小屋へ向かいます。今回の目的は宮之浦岳にかかるご来光を見る事。翌朝は早起きして永田岳の山頂近くへ!そこから見たご来光はたまらんものでした(๑´ڡ`๑)

1日目 巨大な杉が見事な花山歩道を歩く

屋久島の南西にある栗生集落から今日の登山はスタート。民宿「ぽんかん」を出てみてびっくり。天気予報&天気図的に、今日は朝から晴れているかと読んでいましたが、思いのほか厚い雲が広がっている。

昨日~今日の行程で登っていたら、ご来光を見ることが叶わなかったかと思うとゾッとします。

7:00 大川林道

栗生から3kmほど移動して大川林道の入り口に到着!一見するとただの道ですが、ここから大川林道(おおこりんどう)スタートです。

はじめは整備されたコンクリート道を粛々と歩いて行きます。湯泊林道ほどではないものの、大川林道も結構長いです。

ちなみに、大川と書いて「おおこ」と読みます。初見なら「おおかわ」と読んでしまうの不可避。

少しずつ晴れてきました!

こんなに清々しい天気ならいくらでも歩いてやりますとも!ばっちし自撮りも決めた所で、さあ行こう。

今日はこれから南岸を高気圧が東進する予報。歩いていると見る見る内に雲が晴れてきました。

8:50 花山歩道

約2時間の林道歩きを終えて、花山歩道の入り口に到着!

花山歩道はここまで車で来ることが可能です。ただ、コンクリの道とは言え相当にデコボコしているので、結構大変かも?

「ヤマビルが多い」

結構ビビる(汗)気づくと靴下の中や首から吸血されているらしい。ヤマビルは動物が近づくと襲ってくるモンスター。神奈川の丹沢はヤマビルの生息地として有名ですが、花山歩道もいるみたい。

念のためにライターをポケットに入れておくといいかもしれません。

初めから結構な斜度を上がっていきます。屋久島独特の垂直分布を楽しみながら行きましょう。ほぼ海抜0mから登り始めて山頂は1900m程度と、高低差は2000mに達する勢い。

下から上にかけて植生がどんどん変わっていく様は面白いですよ。

なんじゃこりゃ!?

すごく高いところまで木が螺旋を描いて伸びています。生命の神秘や。

花山歩道はあまり整備はされていないことが売り。しかし、ピンクテープは多いし危ない場所はほとんどありません。体と植物が触れるとヤマビルが付いてやいないかと気になる(笑)

日本でたったの5ヶ所しかない!原生自然環境保全地域

屋久島の中でもここ花山は、原生自然環境保全地域に指定されています!

「人の活動の影響を受けることなく原生の状態を維持している」このような場所は日本にたくさんありそうな感じがしますが、何と、原生自然環境保全地域に指定されているのは・・・日本で5つだけ。

  1. 【北海道】遠音別岳(おんねべつだけ)
  2. 【北海道】十勝川源流部
  3. 【東京都】南硫黄島
  4. 【静岡県】大井川源流部
  5. 【鹿児島県】屋久島花山地域

北海道が2つ入っているのは、まぁ納得です。しかし、日本にはまだまだ多くの素晴らしい自然があることを考えれば、本当に、相当に厳格な基準をクリアしないとこれには選ばれないんでしょうね。

11:40 大竜杉

屋久島は島全域が凄まじい大自然に包まれていますが、中でも花山はちょっと特別だという事です。

さあ、そんな花山歩道をガシガシ歩いていると、大竜杉(だいりゅうすぎ)までやって来ました!

すっげ・・・なんだこりゃ、超すごい。でかいし、すごい。

途中で曲がった幹が、さながら竜の首のように伸び、そこには新緑の小枝がたくさん付いています。

本当かっこいいなぁ。大竜杉辺りは巨大な杉のオンパレードで、原生自然環境保全地域の核心部とも言えそうな雰囲気。こんな所を歩けるんですから、何とも贅沢な登山道ですね。

12:00 花山広場

花山広場に到着!

近くには水場もあるので、水を補充して菓子パンで簡単にお昼ご飯を済ませます。

16:30 鹿之沢小屋

鹿之沢小屋の近くにあるテント場(ではないけど、テント場として利用されている)に到着!鹿之沢小屋は標高1600m程度なので、下からここまで上がってくるのは骨が折れますね。

うーむ。この頃になると雲が湧いてきましたね?ここは圏外なので天気予報が見れない(白目)もしかして高気圧が足早に抜けてしまった?いやそんな馬鹿な。明日のご来光は大丈夫だろうかと、ちょっと不安になる。

とは言え、心配してもしなくても明日はやって来ます。山恒例のビールを飲みつつ、明日の朝に期待しておやすみなさい。

2日目 永田岳山頂付近から望むご来光

鹿之沢小屋から永田岳目指してナイトハイク。この夜道を歩くのは2回目なので慣れたもの。一回の屋久島訪問で鹿之沢小屋~永田岳を何回歩けば気が済むんでしょう?

(これで永田岳は4回目の登頂です)

5:00 永田岳山頂付近

今回は永田岳の山頂からではなく、永田岳近くにある巨岩の上からご来光を望みます。宮之浦岳は九州最高峰というプレッシャーに負けない、素晴らしい山容。

ここに来て小さくガッツポーズ。水平線付近に若干雲がありますね!しかも、日の出前から既に少し焼けている!この時点で水平線が赤いといい感じ。黎明期とでも言いましょうか。この時間帯(夜と朝のミックス)もたまらん美しさなんですよねぇ。

宮之浦岳に対峙する永田岳。巨岩が山頂を埋め尽くす極めて独特な山容をしています。

本当にかっこいい、永田岳。この角度で見る永田岳は結構レアかも?

ご来光と宮之浦岳

爆焼けとはいきませんでしたが、太陽が雲間から顔を出す瞬間、辺りは赤く染まりました。私が求めていた景色に出会うことができました!

静かで、美しくて、贅沢な朝でした。

どうなってんだよ屋久島、最高か。

素晴らしいご来光を拝むことができました。

これで屋久島に悔いなく鹿児島本土へ戻ることができます。むしろ、まだ出てもいないのにまた屋久島に戻って来たいという謎の欲求すら湧いてきます(笑)

花山歩道も白骨樹がすばらしい。

太陽に輝く新緑と巨木の世界

青空と新緑の組み合わせは最強。そこに花山歩道の巨大な杉が加われば、ここは天国か。

でっかーい!!!

花山歩道ね・・・めっちゃおすすめ。大竜杉だけでなく、この辺りの杉は全てが巨大です。場所が屋久島じゃなければすべてに名前が付いてもてはやされそうな巨木がずらりと並びます。

登りと同じ道を下って花山歩道から大川林道へ。

「チラッ」

屋久島の西側はとにかく鹿と猿が多いんですが、花山歩道も動物がたくさんいました。ヤクザルとヤクシカだけでなく、蛇やカエル、多くの昆虫類と、人の生活に影響されない場所だけあって、動植物は本当に豊かみたいです

(ヤマビルには襲われませんでした)

15:00 大川林道

大川林道の入り口まで戻って来ました。

これにて登山完了です!

その後は再び栗生の集落へ。それにしてもいい天気!

屋久島、ゴールデンウィークの中核日はずっと雨でしたからね(その間はゲストハウス「とまり木」にてゆっくり休憩)、「今更晴れんな」という声がPC越しに聞こえてきそうだ(笑)

今日は栗尾の青少年旅行村でキャンプとします。今はこんなに晴れているのに、明日は降水確率100%かつ大荒れ(白目)

今日がしっかり晴れてくれたので全然OKですけどね!

登山データ

  • 日程:2017/5/7~2017/5/8
  • 行程①(5/7):栗生→大川林道→花山歩道→鹿之沢小屋(テント泊)
  • 行程②(5/8):鹿之沢小屋→永田岳→鹿之沢小屋→花山歩道→大川林道→栗生
  • メンバー:単独
  • 天候:①曇りのち晴れ②快晴
  • 主なピーク:永田岳(1,886m)

花山歩道からのご来光登山を振り返って

つい先日、違うルートから永田岳に来たばかりなのに「また行くの?」そう思われるかもしれません。しかし、何度も通うからこそ出会える景色は確かに存在します。初めて永田岳に登った際、「次はあそこの岩からご来光を見たいな」と目星をつけていました。それくらいの熱意持って登っていましたが、山は応えてくれた気がします(๑´ڡ`๑)

「いいね」して頂くと、
Facebookで最新情報をお届けします。

お気軽にフォローください
           

  1. つよぽん より:

    清宮さま

    楽しくblogを読まさせて
    いただいてます!屋久島いいですよね!

    羨ましい限りで!俺は弾丸でしたので、
    1泊2日しかなかったから。

    屋久島のご来光、格別ですよね!
    俺はいたって原という集落の
    民宿に泊まった際、オーナー様から、
    徒歩5分くらいにある巨大堤防から、
    ご来光を拝みました!
    独り占め(笑) 水平線から上がる太陽、
    最高でした!(*^^*)

    ちょっと鹿児島情報を!
    また、とんかつに行かれると思うので(笑)
    天文館エリアにある「六白」という
    トンカツ屋さん、旨かったです!

    あと是非、鹿児島ラーメンを!
    これまた天文館エリアにある
    「我流風(がるふ)」ってラーメン屋さん、
    良かったですよ!

    どちらも鹿児島の友達情報です!

    ではでは、道中お気をつけて!(*^^*)

  2. 清宮 健太 より:

    一泊二日だとかなり弾丸になりますね(汗)
    ご来光はいいですよねぇ(๑´ڡ`๑)
    山から見るご来光はさらに格別だと思うので、ぜひいつか見てみてくださいね☆
    鹿児島のとんかつ行ってみようかと!
    市街地からはすぐ離れてしまうので、ラーメンは難しそうですね。
    久留米辺りでがっつりした豚骨ラーメンを食べようかと思います。
    情報ありがとうございます(๑╹ڡ╹๑)p♪

  3. 次郎 より:

    本当にいいですねえ☺
    楽しませてもらってます❗

  4. 清宮 健太 より:

    ありがとうございます!
    いいですよねぇ。この良さが分かっていただけると、嬉しい限りです(๑´ڡ`๑)

comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

【屋久島】宮之浦岳 縦走(その3)~永田岳から望む、宮之浦岳のご来光~

宮之浦岳縦走、屋久島横断3日目です。2日目は高塚小屋から宮之浦岳、そして永田岳まで歩き、山頂から夕陽を眺めて鹿之沢小屋で幕営しました。3日目はこの縦走登山で一番楽しみにしていた「永田岳から見る宮之浦岳 …

【屋久島】宮之浦岳 縦走(その4)~黒味岳のご来光と湯泊歩道~

朝の1:30に起きて「後5分だけ・・・」とまどろんでいたら、いつの間にか2:30になっていました(汗) 目次屋久島登山(横断)4日目:石塚小屋~黒味岳~湯泊黒味岳へナイトハイク4:20 黒味岳分岐5: …

紅葉の立山でテント泊登山をしてきた!「新宿~扇沢~室堂の移動編」

紅葉シーズンの立山(たてやま)でテント泊登山をしてきました!年に1回、ごく僅かな期間しか見る事ができない紅葉の鮮やかな景色。兼ねてから行ってみたかった立山に足を運んでみました(๑´ڡ`๑) 目次立山の …

【八ヶ岳】厳冬期テント泊登山(前編)~最高峰「赤岳」を行者小屋より望む、圧巻の大展望~

みんな大好き、八ヶ岳へ行ってきました!八ヶ岳と言えば本格派から初心者まで幅広い登山者が入る山。今回は、そんな八ヶ岳の最高峰である赤岳への挑戦です。南八ヶ岳へ入るのはこれが初めてですが、いきなり雪山登山 …

2018年登り初め!仙丈ヶ岳 厳冬期登山~小仙丈から眺めるモルゲンロート仙丈ヶ岳~

新年あけましておめでとうございます! 「山が好き、写真が好き。」を今年もどうぞよろしくお願いします( ^ω^ ) 2018年の登りはじめということで、成人の日の三連休を利用してに厳冬の仙丈ヶ岳へ行って …


名前:清宮(きよみや)
2016~2017年、自転車日本一周達成。日本一周中に山の魅力に気づき、そのまま登山と山岳写真にハマる。でっかいカメラ担いで日本中の山を歩いています。夢は山ガールと登山すること。


follow us in feedly
Feedlyで新着記事を購読する。
292日に及ぶ自転車日本一周の記録。山以外の日本の風景写真。旅に関するコラムなどを扱っています。
モンベルのシュラフは結局どれが一番良い!?~タイプ別におすすめシュラフを紹介~
モンベルのシュラフは結局どれが一番良い!?~タイプ別におすすめシュラフを紹介~

冬山登山1年目の振り返り~装備、天気、登った山について~
冬山登山1年目の振り返り~装備、天気、登った山について~

登山で一眼レフを簡単に持ち運べる神アイテム:Peak Designのカメラクリップ
登山で一眼レフを簡単に持ち運べる神アイテム:Peak Designのカメラクリップ

グレゴリー「バルトロ75」を使ったテント泊登山のパッキング方法
グレゴリー「バルトロ75」を使ったテント泊登山のパッキング方法

雪山テント泊登山におけるモンベルのシュラフ選び方
雪山テント泊登山におけるモンベルのシュラフ選び方

雪山登山で使うテントを検討!「エスパース」や「エアライズ」などメジャーなテント4つを比較
雪山登山で使うテントを検討!「エスパース」や「エアライズ」などメジャーなテント4つを比較

モンベルのシュラフが修理から返って来たので、かかった値段や時間をご報告
モンベルのシュラフが修理から返って来たので、かかった値段や時間をご報告

秋(9月~10月)に北アルプスでテント泊登山する時の装備【まとめ】
秋(9月~10月)に北アルプスでテント泊登山する時の装備【まとめ】

2018年登り初め!仙丈ヶ岳 厳冬期登山~小仙丈から眺めるモルゲンロート仙丈ヶ岳~
2018年登り初め!仙丈ヶ岳 厳冬期登山~小仙丈から眺めるモルゲンロート仙丈ヶ岳~

紅葉の剱岳に登ってきた!日本最難関「2999mの岩壁」に挑む ‎
紅葉の剱岳に登ってきた!日本最難関「2999mの岩壁」に挑む ‎

大崩山 登山~九州の秘境で、比類なき絶景を求めて~
大崩山 登山~九州の秘境で、比類なき絶景を求めて~

テント泊登山を始めるための持ち物と基本知識まとめ【日帰り登山からのステップアップ】
テント泊登山を始めるための持ち物と基本知識まとめ【日帰り登山からのステップアップ】

【モンベル・寝袋】シュラフに穴が開いてしまった時の対処法とショップへの修理依頼方法
【モンベル・寝袋】シュラフに穴が開いてしまった時の対処法とショップへの修理依頼方法

【北アルプス】焼岳 雪山登山(後編)~焼岳と満天の星空~
【北アルプス】焼岳 雪山登山(後編)~焼岳と満天の星空~

北横岳 雪山登山~八ヶ岳ブルーと白銀の世界に彩られた冬山デビュー~【北八ヶ岳】
北横岳 雪山登山~八ヶ岳ブルーと白銀の世界に彩られた冬山デビュー~【北八ヶ岳】