九州 登山記録

【祖母山~傾山】縦走登山(後編)~ロングコースを抜け、傾山からのご来光へ~

投稿日:2017年4月13日 更新日:

昨日は悪天の中を進み祖母山へ!山頂から仰いだご来光ですべての苦労が報われた気がしました。そんな祖母山の山頂から後半戦スタートです!

前編を見ていない方はこちらからどうぞ。

【祖母山~傾山】縦走登山(前編)~祖母山頂からのご来光~

祖母山からのご来光は本当に最高でしたねぇ(๑´ڡ`๑)

雲が出ていた分、きれいな朝焼けとなりました。今日は1日晴れ予報、引き続き気合入れていきましょう!

コースタイム

2日目は祖母山の山頂から、つづら越天場までのロングコースを縦走します。

1日目

  • 11:30 緒方駅
  • 13:00 尾平登山口
  • 14:30 1000m地点
  • 16:30 祖母山九合目小屋
  • 17:00 祖母山(登頂!)
  • 17:30 天場(テント幕営)

2日目

  • 2:30 起床
  • 4:00 天場 発
  • 5:10 祖母山頂(2回目)
  • 5:50 ご来光

―後編ここから―

  • 7:10 祖母山山頂 発
  • 9:20 障子岳
  • 10:30 古祖母山
  • 14:00 本谷山
  • 16:00 つづら越小屋

3日目

  • 2:00 起床
  • 5:30 傾山頂
  • 5:50 ご来光
  • 12:20 九折
  • 13:20 上畑(バス停)

よしっ、行きますかね!

まずは祖母山から高度を一気に下げて直進、奥に見えるピーク「障子岳」を目指します。

祖母山からの下り、なかなか怖いぞ?

祖母山の山頂から一気に下っていきます。縦走路の入り口は山頂にあるため、ご来光を見てから縦走しやすくて助かります。

見るからに傾斜が大きく、滑って落ちないように気を付けましょう。

はしごあり、ロープありの急こう配!ここは難路です。祖母山から傾山への縦走路でここが一番怖かった。

縦走路を振り返って、さっきまで居た祖母山です!

派手な山容ではありませんが、大きくて渋い山って感じ。こうやって見ても険峻な山肌なので、人を容易に寄せ付けない雰囲気があります。

縦走路の随所に展望地があったので所々寄ってみました。

・・・歩いていると目の前に鹿が!写真を撮る間もなくすぐに逃げられてしまいましたが、縦走直後に鹿を見かけるとは、さすが祖母山系、鹿が多いだけあります。

 

頭上には波打つ不思議な雲が・・・山岳波?

太陽の周りちょっと彩雲っぽくなってる!

9:20 障子岳

障子岳(しょうじだけ)までやって来ました!

奥に見えるポコッとしたピークがスタートの祖母山ですよ。

障子岳から次は古祖母山まで歩くんですが、ここで道が分からない・・・鹿避けのフェンスの左右に回り込んでも道がない?

そう思って困っていたら、鹿のフェンスの中に道がありました(笑)

祖母山系には鹿の天敵がいないため、適正な量を大幅に超えて鹿が繁殖しているらしく、鹿の食害と思われる荒れた場所が多くありました。他県民としても心配になるレベルで荒れていたので、レストランで鹿を見かけたら積極的に食べていこうと思います。

ややこしいピンクテープが…

縦走路にはピンクテープが豊富にあるので、道迷いは余程の悪天でなければ問題ないと思いますが、所々で展望台へと続くピンクテープなどが混在していて、ちょっとややこしい。

ここはテープ通り歩いて行ったら断崖絶壁の展望地に導かれてビビりました(汗)

10:30 古祖母山

古祖母山までやって来ました!「古い」祖母山ということですが、名前の由来が気になる所。

古祖母山から先の稜線を境に雲が沸き上がっていて迫力満点。

まだまだ先は長いので、ここで水分補給、カロリーメイトで小腹を満たして少々休憩。

素晴らしい景色を見ていると、このまま寝てしまいそうになります。

古祖母山からは、樹林こそあれど展望の良い稜線を歩いて行きます。

昨日は真っ白で見れなった祖母山の稜線です!

遠くから見るとギザギザした形をしているんですね。一番右が祖母山です。あそこからぐるっとここまで歩いてきました。

道中、いくつか水場のマークや看板があるんだけれど、実際どこにあるのか全く分からなかったです。道を外れた所にあるのか、枯れているのか?しっかり探せばあったのかな?

古祖母山から尾平越(おびらごえ)丸山まで展望がきかなくなってきて、ひたすら樹林帯の中を歩きます。ロングコースの縦走だと苦しい時間がどこかしらあるものですが、祖母山~傾山だと古祖母山~本谷山あたりが一番苦しい時間でしょうか。

特にこれと言ったものもないので、ただ、ひたすらに、ガシガシ歩いて行くのみ。

14:00 本谷山

本谷山!特に展望があるわけではありません。この辺りまでくると疲労が溜まってきます。

・・・その後は笠松山を越えて・・・

16:00 つづら越小屋

つづら越小屋(つづらごしごや)に到着ー!!!

長かったぁ!

つづら越し小屋の前には小広場があります。正式な天場ではないようですが、テントサイトとしてよく利用されているようです。

昨日は雨の中のテント泊だったので、テントが濡れたまま。

太陽の力を借りて全力で乾かします。

傾山からの夕日は諦めることに

当初の計画では、傾山の山頂から夕日を見に行こうかと思っていたんですが、ここまでの縦走で疲れてしまい、さすがにここから傾山の往復をするのはキツかったので、今回は止めておきます。

天場から九折越コースへ10分も下ると水場があるので、夕食分と明日の行動用をしっかり補給。

縦走では水場の有無が非常に重要で、水場が途中にない縦走だと「全ての水」を事前に用意しなければならないのですっごく大変。

途中で水が手に入るのは本当にありがたいのです。

テント場の様子ですが、本日ここでテントを張るのは私のみ。

山の中に一人でテント泊するのが好きなんですよねぇ。よく「怖くないの?」と聞かれますが・・・慣れたら全然ですよ。これほど楽しいことは他にないってくらい、山のテントは楽しいんです。

正式なテント場ではないようですが、微妙に区分けされている気もする・・・。その辺の線引きと言うか、何というか、ご当地ルールみたいなものがありそうなので、事前に調べておくことが大切かもしれません。

夕暮れ時は雲が多かったですが、空が澄んでいて、とてもきれいでした。

ディナーは贅沢に・・・

夜ご飯は普通のアルファ米とレトルトですが、おビール!なんと、贅沢にも一番搾りを持ってきました!しかも「大分に乾杯」という大分限定もの!(左下の福岡工場製造というのは気にしない笑)

祖母山~傾山は大分と宮崎の県境にありますが、基本的には大分県の山だと思っています。そしたら、このビール飲むしかないという事で、奮発しちゃいました。

・・・明日の朝も早いので、夜ご飯を食べてお休みなさい。

2:00 起床

おはようございます。時刻は朝だか夜だか分からない2:00!

昨晩と同じく、早起きしてご来光を見に行きます。真っ暗な傾山をピンクテープを頼りに登っていきます。

傾山は一本道なので道迷いする心配はありませんが、上の方は岩場が連続するので結構危険。

5:30 傾山頂

傾山の山頂に到着!・・・傾山の山頂は広いんですね。どこから朝日を見るか悩ましい。

ご来光前の空がオレンジ色に染まりだす時間、いいですよねぇ。奥に見える山塊は九州の秘境とも呼ばれる大崩山(おおくえやま)方面です。

5:50 ご来光

日本の皆さん、おはようございます!今日も素晴らしいご来光です!

雲一つない快晴なので、朝焼けとはいきませんでしたが、素晴らしい展望を楽しむことができました。

傾山の影と朝日に染まる祖母山方面です!

自分が歩いてきた縦走路を、ご来光と一緒に見れるなんて最高か。右奥の一番高い山が祖母山、そこからぐるっと左に回ってここまで歩いてきました。感動も一層深まるってものです。

傾山(1602m)登頂です!昨日は祖母山頂、今日は傾山頂を独り占めとか、贅沢か。

傾山の名のごとく、標識が傾いているのが何とも愛おしい。

つづら越のテント場まで戻って来て、ちょっと寝て、テントを片付けて下山開始です!

九折(つづら)経由、上畑(うわばた)の登山口を目指します。

傾山の登山路は省略しますが、なかなかに急な道だったので、登りで使うと結構大変かもしれませんね。

上畑コースは下の方に行くと沢に沿って歩くことになります。川を何度か横断するので、大雨の直後は渡渉が必要かも知れません。今回は何とか岩を飛び渡っていくことができました。

下の方は緑がきれいです。新緑からマイナスイオンをたっぷり浴びていきます。

九折まで下りてきましたー!

いやぁ、祖母の登りからここまで長かった(涙)

九折までマイカーは入ることができるし、休憩所もあるしで充実してますね。

フリーwifiがあるので、久しぶりにスマホをいじりながら休憩。祖母山はソフトバンクでも電波がはいりましたが、傾山は完全に圏外でした。

ここから、登山口までそれなりに距離があるにも関わらず、ゆっくり休憩し過ぎた。

歩き始めた時にはすでに遅し。

迫り来るバスの乗車時刻と一分一秒を争う状況(白目)

最後は全速力で走り続け、バスが来る30秒前くらいにバス停に到着。マジで疲れて汗だく、ゼーハー言いながらバスに乗車。

写真は最後の死力を振り絞って撮った満開の桜です。

終わりよければ全て良し、最後まで気の抜けない登山でしたが、これにて祖母山~傾山の縦走は完了です(๑´ڡ`๑)

登山データ

  • 日程:2017/4/11~2017/4/13
  • 行程:4/11 尾平鉱山登山口 ⇒ 祖母山、2017/4/12 九合目天場 ⇒ 祖母山 ⇒ つづら越、4/13 つづら越 ⇒ 傾山 ⇒ 傾山登山口(上畑)
  • メンバー:単独
  • 天候:4/11 雨、4/12 晴れ、 4/13 晴れ
  • 主なピーク:祖母山(1756m)傾山(1605m)

今回から(できる限り)登山の足跡を残していきます。

交通手段

祖母山、傾山ともにマイカーでアクセスする人がほとんどでしょうが、今回はバスで登山口に行きました。緒方駅から豊後大野のコミュニティバスが出ており、「傾山登山口」「尾平鉱山」どちらも降車可能です。本数は少ないですが、縦走してバスで帰れるのはありがたいですね。

祖母山~傾山縦走を振り返って

何といっても祖母山からのご来光が最高すぎました。祖母山と傾山、どちらの山頂も展望が抜群なので、是非どちらからの景色も愉しんでほしい山。祖母~傾山は非常に山深い場所にあるため、世間の喧騒から離れて静かな山行を愉しみたい方にもおすすめです。一方、縦走するには体力、経験共に必要なコースです。かなり険しい場所もあるので、滑落しないように注意が必要ですね。

祖母山~傾山、私はかなり好きな山域となりました!次は祖母山からダイヤモンド傾山を狙うか、後傾山から星景写真を撮るか・・・何にしても、また来たいと思える山でしたよ(๑╹ڡ╹๑)p♪

「いいね」して頂くと、
Facebookで最新情報をお届けします。

お気軽にフォローください
           

  1. yamaten より:

    縦走お疲れ様でした。
    九州の山は標高低いけど絶景ポイントは沢山有りますよ。あと1ヶ月遅かったら花に癒されながらの山歩き楽しめましたよ~

  2. 清宮 健太 より:

    ありがとうございます!
    私はあまり標高は気にしていないんです。海抜からの話ですからね、
    地面からどれくらい高いのかは多少気にしますが(๑´ڡ`๑)
    アケボノツツジが咲くころも良いですよねぇ!
    しかし、祖母山系はこの時期でも緑があったので十分楽しめました。

comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

【大雪山~十勝連峰縦走】荒天の十勝連峰、ゴールの富良野岳へ!(姉妹サイト)

【注意】日本一周中の記事につき、姉妹サイト「Japan Nomad」へ飛びます。 美瑛富士キャンプ指定地にて4時頃起床。 テントの外をのぞくと天気もあまり良くないみたいですが・・・とりあえず朝ご飯です …

【大雪山】絶景の大雪山縦走&初のテント泊!その3(赤岳~緑岳~白雲岳~黒岳)(姉妹サイトの記事)

【注意】日本一周中の記事につき、姉妹サイト「Japan Nomad」へ飛びます。 初の大雪山登山2日目です! 昨日は赤岳からはじまり、緑岳、白雲岳、北海岳と周りました。白雲岳キャンプサイトからは満点の …

餓鬼岳~唐沢岳 縦走登山:北アルプスの秘境「唐沢岳」へ!!

人生初の北アルプスで選んだのは餓鬼岳~唐沢岳の縦走でした。渋すぎ。俗化していく北アルプスの中で、昔ながらの静けさと素朴さを保つ、餓鬼岳~唐沢岳。昨日は餓鬼岳の山頂までたどり着き、テントを張ったところま …

中央アルプス縦走:空木岳へと続く稜線の先に、爆焼けの夕焼けと絶景の南駒ヶ岳

中央アルプスを縦走して、圧倒的な景色を目にすることができました。昨日は千畳敷から宝剣岳に登り、稜線を歩いて檜尾岳へ。今日は檜尾岳から日本百名山である空木岳まで縦走していきます。 目次中央アルプス縦走( …

北アルプス裏銀座縦走:七倉山荘でテント泊のち烏帽子岳へ!

秋の気配と夏の空気が混じり合う9月頭に北アルプスの裏銀座と呼ばれる縦走路を歩いてきました!結果、最高でした。8月の夏山登山では3連チャンのガスに襲われる地獄の様相でしたが、今回は違います、最高でした( …


名前:清宮(きよみや)
2016~2017年、自転車日本一周達成。日本一周中に山の魅力に気づき、そのまま登山と山岳写真にハマる。でっかいカメラ担いで日本中の山を歩いています。夢は山ガールと登山すること。


follow us in feedly
Feedlyで新着記事を購読する。
292日に及ぶ自転車日本一周の記録。山以外の日本の風景写真。旅に関するコラムなどを扱っています。
モンベルのシュラフは結局どれが一番良い!?~タイプ別におすすめシュラフを紹介~
モンベルのシュラフは結局どれが一番良い!?~タイプ別におすすめシュラフを紹介~

秋(9月~10月)に北アルプスでテント泊登山する時の装備【まとめ】
秋(9月~10月)に北アルプスでテント泊登山する時の装備【まとめ】

【北アルプス】山小屋はいつまで?雪はいつから?9月末から10月の北アルプス登山を考える
【北アルプス】山小屋はいつまで?雪はいつから?9月末から10月の北アルプス登山を考える

登山で一眼レフを簡単に持ち運べる神アイテム:Peak Designのカメラクリップ
登山で一眼レフを簡単に持ち運べる神アイテム:Peak Designのカメラクリップ

中央アルプス縦走まとめ:おすすめのコースや登山難易度、水場や避難小屋の情報など
中央アルプス縦走まとめ:おすすめのコースや登山難易度、水場や避難小屋の情報など

グレゴリー「バルトロ75」を使ったテント泊登山のパッキング方法
グレゴリー「バルトロ75」を使ったテント泊登山のパッキング方法

雪山登山で使うテントを検討!「エスパース」や「エアライズ」などメジャーなテント4つを比較
雪山登山で使うテントを検討!「エスパース」や「エアライズ」などメジャーなテント4つを比較

テント泊登山を始めるための持ち物と基本知識まとめ【日帰り登山からのステップアップ】
テント泊登山を始めるための持ち物と基本知識まとめ【日帰り登山からのステップアップ】

冬山登山1年目の振り返り~装備、天気、登った山について~
冬山登山1年目の振り返り~装備、天気、登った山について~

紅葉の立山でテント泊登山をしてきた!「新宿~扇沢~室堂の移動編」
紅葉の立山でテント泊登山をしてきた!「新宿~扇沢~室堂の移動編」

雪山テント泊登山におけるモンベルのシュラフ選び方
雪山テント泊登山におけるモンベルのシュラフ選び方

【三嶺~剣山 縦走登山】天の川、夕焼け、雲海など絶景が凝縮された山歩き
【三嶺~剣山 縦走登山】天の川、夕焼け、雲海など絶景が凝縮された山歩き

石鎚山 登山(前編)~山頂より望む極上の夕焼け~
石鎚山 登山(前編)~山頂より望む極上の夕焼け~

涸沢帰りにパノラマコースから行く奥又白池:ルート案内、レベル感、景色等のご案内
涸沢帰りにパノラマコースから行く奥又白池:ルート案内、レベル感、景色等のご案内

モンベルのシュラフが修理から返って来たので、かかった値段や時間をご報告
モンベルのシュラフが修理から返って来たので、かかった値段や時間をご報告