北アルプス 登山記録

【北アルプス】表銀座 縦走(その3)~南岳から望む穂高岳の絶景を独り占め~

投稿日:2016年10月23日 更新日:

北アルプス遠征登山、表銀座縦走3日目です。1日目は中房温泉から燕岳に上がり、大天井岳でテント泊。2日目は大天井岳から東鎌尾根を経て槍ヶ岳まで進んだところまで。

北アルプス表銀座 縦走登山(槍ヶ岳~南岳)

朝起きてすぐはガスっていましたが、しばらく様子を見ると晴れてきました。山の神様ありがとう!

槍ヶ岳の頂がすっきり見えた頃合いを見計らって本旅2回目のピークハントへ。何人か山頂への岩稜に取り付いているのが見えますね(赤い点々)。

槍ヶ岳からは笠ヶ岳の展望が素晴らしい。本日も雲海がびっしりと辺りを覆っていて、天空の孤島みたいになってる(๑´ڡ`๑)

槍ヶ岳の絶壁を登り切ったところで下を向けばこの高度感!高所恐怖症泣かせの場所。増築を重ねて今の形になったという槍ヶ岳山荘はやはり巨大です。

槍ヶ岳登頂

槍ヶ岳(3,180m)登頂です!!昨日も来てるけど、晴れているので本日登頂ということで笑

山頂にいた女性とお互い写真を撮り合いました。山好きな女性っていいですよねぇ。特に槍ヶ岳まで一人で来れちゃうというのは相当なお好きな証拠(๑´ڡ`๑)

槍ヶ岳山頂は360度の大展望!

昨日はガスで見えなかった景色が今日は一変。槍ヶ岳の標高3,180mは日本第五位の高さを誇り、北アルプスの山々を一望できます。雲海も出ていて、いい感じですね。

特に素晴らしいのは裏銀座方面。北アルプスの山脈をこれだけよく俯瞰できる場所もそうはないでしょう。

雲海で見えていない山もありますが(赤牛岳など)、多くの山を見渡すことができました。裏銀座の手前にあるのは硫黄尾根です。

こちらは大天井岳常念岳方面。常念岳はピラミッド型でどこから見えも目立ちます。

 

次に目指すは南岳

さて、槍ヶ岳山頂からの景色も楽しんだところで下山・・・ではなく、実はもう一泊してから山を下りる予定なんです。次に目指すは南岳

大喰岳、中岳を通過して穂高方面を目指します。大喰岳、中岳、南岳は山として特段特徴があるわけでも魅力的なわけでもなく、南岳に行きたいのは別の理由があるからなんです( ・ㅂ・)و ̑̑

槍ヶ岳を過ぎてからは一気に岩が増えて道の雰囲気が変わり、次第に穂高寄りの光景へ。

道の両側はふわっふわの雲海!今回の山旅は雲海がすごかったなぁ(๑´ڡ`๑)

中岳、南岳を過ぎて南岳小屋が見えてきました。そのすぐ後ろにそびえる大きな山塊は穂高岳です!この辺りまでくると迫力を隠し切れませんね!!

南岳小屋は北穂高岳から大キレットを渡ったすぐ先、つまり穂高岳の目の前にあるんです!ここから眺める穂高岳の展望が素晴らしいと(私の中で)噂になってました。実は、北アルプスの山行最後に表銀座を選んだのはココ南岳小屋に来たかったからだったり(๑╹ڡ╹๑)p♪

上の写真は南岳小屋から少しの所にある獅子鼻展望台というところ。落ちたら終了なので、写真撮影に興奮して落ちないよにマジで気を付けないとです。

南岳小屋は穂高岳を「一つの山」として見ることができる最高の場所だった!

南岳小屋から眺めた穂高岳!これこれ、これが見たかったんです。

穂高岳かっこいいー!!!

雲海の中にまるで要塞のように佇む貫禄抜群の穂高岳。

穂高岳は前穂高岳、奥穂高岳、北穂高岳、西穂高岳からなる山塊の総称なんですが、実は上高地や涸沢側から見ると一つの山塊として眺めることが難しい

しかし、反対側である南岳小屋に来れば穂高岳を一つの山塊として眺めることができます(๑´ڡ`๑)

10月半ばを過ぎた平日の北アルプスには驚くほど人がいません。南岳小屋が営業終了していることもあり、本日、南岳小屋(テント場)利用者は私ひとり。誰にも気兼ねすることなく、誰の目を気にする必要もなく、この景色を独り占めしちゃいました。

南岳小屋に着いて写真撮りまくって、夕方になるまでまだ時間があります。そんな時やることは一つですね?こんな時にお酒飲まないなんて嘘ですよね?

南岳小屋が営業終了しているので槍ヶ岳山荘であらかじめ買っておいたのです。酒の肴は、もはやおつまみ以外何物でもない(本来行動食の)ミックスナッツ

そして・・・

もうね、空がきれいすぎるのよ。何なのこの素晴らしい羊雲と青空。

誰もいない山の中こんな絶景を見ながらビール飲んでゴロゴロできるのが山のテント泊だとアピールしておきます。やらないなんてウソ。こんなん何度でも山来たくなってしまいますよね。

その後は撮影場所をちょっと変更。西日を浴びる穂高岳。

日が落ちてきて雲海がもうなんかすごいことに。右上にあるシルエットの山は笠ヶ岳です。

夕日を浴びた穂高岳。かっちょいい(๑´ڡ`๑)♡

日が沈むのを最後まで見守り、大満足の一日にも幕が下ります。

いやぁ、予想以上の景色に大興奮でした。色々と絶景過ぎる。

コースタイム

  • 9:00 槍ヶ岳山荘
  • 9:10 槍ヶ岳
  • 10:50 大喰岳
  • 11:30 中岳
  • 12:30 南岳
  • 12:45 南岳小屋

この山行の前後日のブログ

「いいね」して頂くと、
Facebookで最新情報をお届けします。

お気軽にフォローください
           

comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

伯耆大山 雪山登山~中国地方最高峰からご来光を望む~

3月も半ばを折り返し、下界では春の気配を感じる季節。そんな中、まだまだ雪山の伯耆大山(ほうきだいせん)に一泊二日で登ってきました! 以前から心待ちにしていた大山。登頂叶っただけではなく、終始素晴らしい …

【北海道・利尻山】離島に佇む名峰、山頂はガスだったのでリベンジ誓う(姉妹サイトの記事)

【注意】日本一周中の記事につき、姉妹サイト「Japan Nomad」へ飛びます。 こんにちは!利尻島でアザラシのごまちゃんに会うのを忘れていたことを思い出し、愕然としている清宮です。 なんてこった・・ …

石鎚山 登山(前編)~山頂より望む極上の夕焼け~

霊峰、名峰、西日本最高峰として名高い「石鎚山」を登って来ました!西日本で最も高い山として有名ですが、それ以上に、今回登ってみて感じたのは霊峰としての存在感。山頂には石鎚神社の奥宮があり、神職の方が常時 …

石鎚山 登山(後編)~朝焼けとマジックアワーの天狗岳~

石鎚山登山の2日目、3日目の様子です。昨日は伊予西条駅からバスで石鎚山ロープウェイ登山口へ!初めての石鎚山という事でロープウェイは使わずに歩いて山頂まで来ました。 石鎚山 登山(前編)~山頂より望む極 …

【北アルプス】絵に描いたような絶景、紅葉の涸沢カールが最高だった!

ずっと憧れていた涸沢カールの紅葉を見てきました!「涸沢の紅葉を見ずに穂高を語ることなかれ」とまで言われる涸沢カール。山ヤとしては是非見てみたい場所の一つです。 目次紅葉の涸沢カール登山(1日目):松本 …


名前:清宮(きよみや)
2016~2017年、自転車日本一周達成。日本一周中に山の魅力に気づき、そのまま登山と山岳写真にハマる。でっかいカメラ担いで日本中の山を歩いています。夢は山ガールと登山すること。


follow us in feedly
Feedlyで新着記事を購読する。
292日に及ぶ自転車日本一周の記録。山以外の日本の風景写真。旅に関するコラムなどを扱っています。