北アルプス 登山記録

餓鬼岳~唐沢岳 縦走登山:白沢から雨の中を沢登って餓鬼岳の頂へ!(北アルプス)

投稿日:2016年9月24日 更新日:

行ってきました北アルプス!人生初の北アルプスです。北アルプスと言う人気の山域にも関わらず、訪れる人が少なくて北アルプスの秘境とも呼ばれる餓鬼岳(がきだけ)と唐沢岳(からさわだけ)を縦走してきました。

餓鬼岳~唐沢岳縦走登山(1日目):信濃大町~白沢~最終水場

餓鬼岳唐沢岳は北アルプス南エリアの中では北側に位置する山です。標高は2600mちょっと。餓鬼岳は200名山に選ばれています。南を見れば燕岳、大天井岳、槍ヶ岳といわゆる表銀座の縦走路が、西を見れば裏銀座の山々が見える位置にあります。

餓鬼岳は、燕岳から人気の表銀座コースの反対側にあるということで、北アルプスの中では訪れる人がかなり少ない山であり、唐沢岳に至っては餓鬼岳から縦走しなければ行けません。俗化する北アルプスにあって、昔ながらの静かな雰囲気が楽しめる山と言われているそうです。

ゲストハウス「バックパッカーズ松本の宿」

新宿から松本へ移動して前泊移動。松本にはゲストハウスがたくさんあるため、登山の拠点として利用するのには最適。宿泊は「バックパッカーズ松本の宿」というゲストハウスを利用しました。

2500円というリーズナブルな価格、おもてなし、スタッフさんのお人柄、広さ、きれいさ、全てピカイチでした。駅から少し歩きますが、これくらいは許容範囲の内。すぐ近くに松本城もあります。

白沢登山口

松本から電車で信濃大町、信濃大町から餓鬼岳の登山口である白沢登山口まではタクシー移動(約4000円)となります。土日であれば信濃大町にタクシーがいることもありますが、まったくのゼロということも多いようです。

「〇〇時に信濃大町から白沢登山口までお願いしゃす!」

と、伝えればそれで分かってもらえます。

登山道にトイレはないので登山口で済ませておきましょう。

タクシーが乗り入れできる場所から少し歩くと登山口が見えてきます。ここから出発するのですが、実は今日、天気がイマイチなので出発しようかどうしようか悩んでいるうちに時間が経ってしまい、登山開始が11時というあり得ない時間に。

北アルプス登山第一弾だと言うのに、私の足は迷いに満ち満ちています。しかしここまで来たらもう引き下がれない。行くっきゃない。

白沢登山口から始まり、はじめは樹林帯を進みます。この辺は歩きやすいですね。

ほどなくして白沢の名前の通り、沢(川)が登場。ここから橋、はしご、鎖、川渡りの連続です。餓鬼岳登山は、はじめ沢登りだということは事前に調べて知っていましたが、これが想像以上にハードで泣きそうでした。

先日の台風、今日の雨の影響で増水が心配でしたが、水量は問題なさそう。台風の後なのに水がきれいです。ごくごく飲みまくり。餓鬼岳登山では水を十分確保できるので、信濃大町で用意する必要はありません。

白沢の美しい川を見ながらの登山。沢を登っていく感じは初めてなので、ドキドキしますね。

初めの内はテンション高く順調でしたが、雨の影響で橋、岩、木道がとにかく滑ります。滑ったらドボン不可避の道。

途中岩の上を渡る場所が多数ありますが、渡渉(としょう:川の中を歩いて渡ること)する場所はありません。ただ、台風の翌日などで極端に増水していると、渡渉が必要になるのかも分かりません。

こんな風に橋の上を渡ったり岩を越えたりする箇所が合計20以上はあるので、かなりドキドキの登山道です。

特に、丸太が超滑ります。丸太に対して横向きに力を加えようものなら「ツルン」といきます。この後、滑りすぎて2回ほどこけました。しかも1回は割とやばい滑り方で、危うく滑落しそうな雰囲気。

餓鬼岳・唐沢岳は北アルプスの中でも難易度が(かなり)高い

北アルプスのデビューに餓鬼岳を選びました。しかも雨の中です。これは後になって振り返ってみると、かなり危険です。餓鬼岳は北アルプスの山々の中でも登山難易度が高く、登る人も少ないので万が一の事故の際にも応援を呼びにくい。

初めの沢登りは滑る箇所、滑落危険個所、水没危険個所が多い上に、その後は山頂までひたすら急坂です。この時の私のように「北アルプスで初めての山」には全く適していませんので、他をある程度歩いてから挑戦するのがおすすめです(๑´ڡ`๑)

最終水場でビバーク

慎重に慎重に進んで、魚止ノ滝まで到着。しかし、ここで雨脚が強くなってきて来ました。出発したのが遅かったこと、雨で滑って思い描いたペースで進めなかったことにより、山頂のテント場まで時間内に着けそうにありません。

北アルプス初めての登山は、途中でビバークと言う散々な結果になってしまいました。出発の時間、山の選択と大いに学びがあった登山となりました。

餓鬼岳~唐沢岳縦走登山(2日目):最終水場~餓鬼岳

最終水場はその名の通り、最後の補給ポイントです。ここでしっかり水を補充してから、山頂を目指します。小広場になっていて、テントを張れたので助かりました。本当に、北アルプスの第一弾から何やってんでしょうね。反省。猛省。

さあ、ビバークした最終水場から餓鬼岳山頂を目指します。餓鬼岳は2600m程なので、後1100mアップとなります。おキツイ。

最終水場から次のチェックポイントである大凪山までが一番傾斜がきついところ。ここが餓鬼岳登山の踏ん張りどころか。かなりの急坂なので、気合入れていきましょう。

北アルプス三大急登と言われる合戦尾根やブナ立尾根より全然キツい気がする。この山行の後、北アルプスを色々と歩きましたが、ここが一番の急坂だったんじゃないかと、今でも思うほど。

大凪山

コースタイムを大幅に遅れて大凪山に到着!

この辺までくると少しずつ展望が開けてきます。上の方は紅葉が始まっていて黄色と緑のグラデーションがきれいですね。

所々こんな感じの崖が登場。餓鬼岳は崖岳が変化した?という説もあるみたい。北アルプスの山々の中で明らかに異質な名前ですもんね。

自然が織りなす色使い、本当美しいわーキレイやわー。

ハアハア(*´Д`)言いながらなんとか山頂付近に到達。アカン。体鍛えないと、体力付けないと北アルプスは登れない。

餓鬼岳小屋

餓鬼岳小屋に到着ー(๑´ڡ`๑)!

到着しての印象は「営業してる?」と、思うほど静かな餓鬼岳小屋。北アルプスで人気の槍ヶ岳山荘なんかは人がたくさんいるもんですが、餓鬼岳小屋には静かでゆったりとした時間が流れていました。

標高2600mの山小屋に「ビール、日本酒、酎ハイ、ウィスキー」がある。水が売っているだけでもありがたいのにコカ・コーラがある。これが北アルプスか。最高か。

もちろん頂きます。

餓鬼岳小屋からは燕岳に続く尾根が見えます。メッチャかっこいい。ただの尾根なのにメッチャかっこいい!これが北アルプスか。紅葉も綺麗だし最高か。

餓鬼岳

記念すべき北アルプスの第一座目、餓鬼岳登頂しましたー(๑´ڡ`๑)!

遠くガスの中に槍ヶ岳が見えてますね。曇りとは言え、紅葉がきれい。

燕岳に近いだけあって、花崗岩が目立ちます。少し先にあるピークが唐沢岳、ずっと奥には立山や剱岳が見えて、餓鬼岳からは360度の展望が楽しめますよ。

西側には裏銀座の山々が並びます。この時は裏銀座の山って、全然馴染みがなくて、どれがどれだかよく分かりませんでした。

裏銀座の縦走記録

自分が歩いてから振り返ると、山の名前は簡単に分かるようになります。

餓鬼岳のテント場

テント場は山頂とは反対側に5分程歩いたところにあります。餓鬼岳小屋で受付を済ませて、テントを設営完了。一番乗りだったので景色がいいところを確保できました。

その後はテントの中でゆっくり休んだり、景色を愛でたりして過ごします。そうこうしている内に、燕岳から縦走してきたパーティーが3組み程テント場へ。餓鬼岳小屋のテント場はかなり狭いので、最後のパーティーは結構な斜面にテントを張ることに。テントは最大で5張り、平らなのは3張りまでが限界です。

夕方前になってちょっとガスってきちゃいましたが、これはこれで神秘的。

夜ご飯の時間がやってきた

これまでカツ丼や親子丼を作ってきましたが、今日は新レシピに挑戦します。使うのは「さんまのかば焼き」「きんぴらごぼう」「卵」です。

作ると言っても超簡単。フライパンに「きんぴらごぼう」と「さんまのかば焼き」をオンして、

火を通す必要があるわけじゃないので、きんぴらとさんまを混ぜつつ、温めます。そこに溶いておいた卵を投入して完成。

戻したアルファ米と合わせれば、さんまの蒲焼丼のできあがり!めっちゃ美味しい!「山だからってがっつり食べたい!」という方にはアルファ米(白米)を使った丼ものがおススメです。

山飯に関する本はたくさんありますが、私はこちらの本を参考にさせてもらってます。数分で作れるレシピがたくさん載っていておすすめです。

コースタイム

1日目

  • 11:00 白沢登山口
  • 13:00 魚止ノ滝
  • 14:00 最終水場
  • 前進するも、山頂まで間に合わないと判断、最終水場に戻る
  • 15:00 最終水場

2日目

  • 6:00 最終水場
  • 8:30 大凪山
  • 12:00 餓鬼岳小屋
  • 12:20 餓鬼岳山頂
  • 17:00 夕食
  • 19:00 就寝

この縦走登山のブログ(2記事)

「いいね」して頂くと、
Facebookで最新情報をお届けします。

お気軽にフォローください
           

  1. connie より:

    悪天が続くけど、怪我なく無事で何より。
    ここまで本格的な登山じゃないけど、俺も旅行でトレッキングして、その達成感にハマりそう(^^)
    残りの紅葉シーズン、良い登山が出来ることを祈る!

  2. 清宮 健太 より:

    サンキュー!!!
    海外旅行も登山も計画を立てて、それが達成されたときの喜びはたまらんよね☆
    もうちょいしたら第二弾の山旅に行ってくるぜ(๑╹ڡ╹๑)p♪

comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

立山縦走登山:別山北峰から朝焼けの剱岳を撮り、立山をぐるっと歩いてきた!

北アルプスでも人気のエリア、立山・剣岳。剱岳の展望地として有名な別山北峰から剱岳の写真を撮り、その後、立山をぐるっと縦走してきました! 目次立山縦走:雷鳥沢キャンプ場~雷鳥坂~別山北峰~富士ノ折立~大 …

三瓶山 残雪期登山~島根の名峰「三瓶」を全山縦走~

島根県の誇る山岳、三瓶山(さんべさん)に登ってきました!時期的には残雪期登山という事になります。男三瓶山からぐるっと周る縦走コースを取り、山頂小屋で一泊して下山する一泊二日の山行です。 百名山には選ば …

【日光】奥白根山(日光白根山) 雪山登山(前編)~即席バディと五色沼避難小屋へ~

厳冬期登山として、初めて泊まりの山行に挑戦しました!登ったのは日光連山の盟主こと、奥白根山(日光白根山)です。 関東有数の高山地帯である日光連山には名峰が並ぶ。男体山、女峰山、太郎山など中禅寺湖から一 …

【北アルプス】表銀座 縦走(その3)~南岳から望む穂高岳の絶景を独り占め~

北アルプス遠征登山、表銀座縦走3日目です。1日目は中房温泉から燕岳に上がり、大天井岳でテント泊。2日目は大天井岳から東鎌尾根を経て槍ヶ岳まで進んだところまで。 目次北アルプス表銀座 縦走登山(槍ヶ岳~ …

【屋久島】宮之浦岳 縦走(その2)~九州最高峰の絶頂へ~

宮之浦岳縦走、屋久島南北横断の2日目です!1日目は楠川歩道~白谷雲水峡~縄文杉と歩いて高塚小屋に泊まりました。同席したドイツ人のマリナがめっちゃお喋りで同い年だったこともあり、今後の人生について熱く語 …


名前:清宮(きよみや)
2016~2017年、自転車日本一周達成。日本一周中に山の魅力に気づき、そのまま登山と山岳写真にハマる。でっかいカメラ担いで日本中の山を歩いています。夢は山ガールと登山すること。


follow us in feedly
Feedlyで新着記事を購読する。
292日に及ぶ自転車日本一周の記録。山以外の日本の風景写真。旅に関するコラムなどを扱っています。