登山道具

ダウンシュラフの洗い方:安くて簡単!NIKWAXを使って定期メンテナンス

投稿日:2016年9月4日 更新日:

登山であれ日本一周のような旅であれ、ダウンシュラフ(羽毛)を使用している方は多くいらっしゃいます。軽量コンパクトで暖かいという長所がある一方、化繊のシュラフと異なり、汚れたからと言って洗濯機任せにできないのがダウンシュラフです。

臭いが付いてギトギトなシュラフを使いたくはないですよね。衛生面でも、保温性の面でも定期的なメンテナンスが重要。実際にダウンシュラフを洗うのにNIKWAXというダウン用洗剤を使ってみましたが、これが非常に使いやすく、結果も良かったです。そこで、NIKWAXを使ったダウンシュラフの洗い方をご紹介していこうと思います(๑´ڡ`๑)

ダウンシュラフの洗い方

これがダウン用洗剤「NIKWAX(にくわっくす)」です。NIKWAXは元々アウトドア用品の撥水性(水を弾く能力)を蘇らせるために開発された製品で、撥水剤からダウン洗剤までいくつかのラインナップがあります。

今回使うのはその中のダウン洗剤「ダウンウォッシュ」。

ダウンシュラフは化繊(化学繊維)と違ってデリケートな製品なので、ダウン用洗剤を使うのがベスト。一般洗剤では羽毛本来の油脂まで落としてしまい、ダウンがうまく膨らまなかったり、本来の保温性を発揮できない可能性があります。

ステップ0 NIKWAXとシュラフをもってお風呂場へ

NIKWAXとダウンシュラフを用意してお風呂場へ。

ステップ1 お風呂にぬるま湯を貯める

まず浴槽にぬるま湯を貯めます。後でダウンシュラフを押し洗いするので、7~8cmくらい水を入れると洗いやすいです。

ステップ2 洗剤を投入

貯めたぬるま湯にNIKWAXを投入します。量はキャップ3~5杯が目安です。

多ければ良いというものでもないので、ガバガバ入れないようにしましょう。

ダウンのチャックはしっかり閉じておきます。

ウェア類もそうですが、洗濯するときはチャックを閉める、乾かすときは開けるが基本ですね。ウェアのチャックを開けたまま洗濯機に入れると痛んでしまうので要注意。

ステップ3 ダウンシュラフを押し洗い

洗剤を入れた浴槽に、ダウンシュラフを投下。普段濡らさないように神経をすり減らしているわけなので、水の中に入れるのは何だか抵抗感がありますが、水の中に入れちゃいます。

ダウンは水の上に浮きますが、これを手で沈めながら優しく押し洗いします。この時、くれぐれもダウンシュラフを擦ったり、激しく洗ったりしないように気を付けましょう。

シュラフの素材はかなり頑丈ですが、万が一切れたらアウト。中のダウンを擦るのではなく、上から手で押さえるような形で全体に洗剤を通していきます

(シュラフが黒っぽくなっていますが、これは汚れではなく、ダウンもともとの色です。)

ダウンを洗うと少しずつ汚れが出て浴槽の水が濁ってきます。

きれいにしたいからと言って、くれぐれも激しく洗わないように注意しましょう。かき混ぜるのではなく、あくまで上から優しく押すように洗います(重要)。

ステップ4 洗剤を綺麗に洗い流す

押し洗いが終わったら洗剤をすべて流す。するとこんな状態になりますね。

再びぬるま湯を貯めて、ダウンシュラフの中に入っている洗剤をきれいに洗い出します。先ほどと同じ要領で、「5cmくらいぬるま湯を溜め、押し洗い、濁った水を排水」する。

このサイクルを3~4回行えば、ダウンシュラフから洗剤液がすべて洗い出て、押し洗いしても水が濁らなくなります。濁らなくなるまでぬるま湯でウォシュアウトをきちんと繰り返すのがポイント。

頭髪と一緒で、洗った後に洗剤が残っているのはNG。面倒ですが重要です。洗剤が残っていると乾かした時に白くなる可能性があります。

ここでご紹介している通り、普通に洗えばまずそんな事にはならないので安心してくださいね(๑´ڡ`๑)

ステップ5 ダウンを脱水する

洗い終わったダウンシュラフは、半端じゃない水気を含んでいます。このまま乾かそうとしても全然乾かないので、洗濯機で脱水します。

濡れないように桶にシュラフをいれて、洗濯機へ移動。

洗濯機の底に、なるべく重りが均一になるようにシュラフをぐるりと入れます

洗濯機は重さがあまりに偏っているとガタンゴトンしてしまうので、なるべく均一になるようにします。ダウンが濡れていて、完全に均一にするのは難しいので、なるべくで大丈夫です。

脱水の時間は1分でOKです!あまり長い時間やるとシュラフが切れる恐れがあるので、1分だけにしておきましょう。「短くない?」と思われそうですが、1分でも絶大な効果があるのでお試しあれ。

洗濯後、バスタオルで水気を取る方法もありますが、バスタオルが何枚も必要になるので、こっちの方がおすすめです。

ステップ6 シュラフを乾燥させる

洗濯機で脱水した後は、自宅、あるいはコインランドリーの乾燥機で乾燥させます。コインランドリーの乾燥機は大きいし強力なので速くて便利です。

自宅の乾燥機で乾燥させる場合は、根気が必要。少なくとも、1時間や2時間では完全に乾燥させることはできないので(性能にもよりますが)、時間で決めるのではなく、シュラフが完全に乾いたと思うまで乾燥させてやりましょう。

晴れていれば日光で乾かしても問題ありません。メーカーのホームページを見ると「絞ってから陰干し」などとありますが、これだとマジで乾きません。

乾燥機を使う場合、ジッパーは開けておきます。また、必ず低温で運転させます。熱過ぎる温度はシュラフを痛めるのでNGです。

外側が乾いていても、内部が湿っている可能性があるため、すべて乾いたかどうか念入りにチェックします。生乾きのシュラフは臭いですよー!

ステップ7 偏ったダウンを叩いて均等にする

乾燥機で乾燥させると、ダウンの偏りはだいぶ解消されますが、気になるところがあれば手でたたくようにしてダウンの偏りを解しましょう。

これで、ダウンシュラフの洗濯は完了!シュラフに付いてしまった臭いとはおさらばです。洗濯、乾燥を終えて、気持ちのいいシュラフに戻りました(๑´ڡ`๑)

登山や旅におけるシュラフの役割

登山や旅において無くてはならない装備。それがシュラフ。アウトドアする人は多くが所持している、最重要装備と言っても過言ではない、それがシュラフ(寝袋)です。

重要な装備であり、使用頻度も高いシュラフですが、登山でたっぷりと汗をかいたり、何日も縦走した汚れた服で寝たりするので、汚れやすい。山を歩いた服装でベッドに入ることを想像したら、いかにシュラフが汚れやすいか何となくわかりますね。

洗えるものなら洗いたい、そんな人が多いと思いますが、洗濯機にポイッとはいかないので、ついつい後回しに、結果洗わない・・・なんてことが起こりがち。

洗濯の頻度としては、(使用の内容に寄りますが)10回登山で使ったら、さすがに洗った方が良いのでは?と、思います。

ダウンシュラフの洗濯に、本当に市販の洗剤は使えないの??

シュラフの御三家「モンベル、イスカ、ナンガ」はホームページ上にシュラフの洗い方について以下のように記載しています。

モンベル
一般の家庭用洗剤はダウンの天然油分を奪い、保温性を低下させてしまいます。「ダウンクリーナー」などのダウン製品専用の洗剤を使用ください。

 

イスカ
「中性洗剤」などのマイルドな洗剤を使用してご家庭でも洗濯可能です。その場合には、しっかりとすすいで、十分時間をかけた乾燥を心がけてください。

 

ナンガ
洗剤は羽毛専用をわざわざ買わなくても、いつもの液体中性洗剤で全く問題ありません。

御三家の意見が分かれており、判断は難しい。ダウンシュラフは安い買い物ではありませんので、基本はダウンシュラフ専用の洗剤を使うのがベストだと思います。多少のリスクは気にしないから安上がりに済ませたい、と言う場合は中性洗剤をかなり薄めて使うのがいいのかな、と思います。

ダウンシュラフの洗い方まとめ

  1. お風呂にぬるま湯を貯める
  2. 洗剤を投入
  3. ダウンシュラフを押し洗い
  4. 洗剤を綺麗に洗い流す
  5. ダウンを脱水する
  6. シュラフを乾燥させる
  7. 偏ったダウンを均等にする

ダウンシュラフは高価なので洗うのが怖かったり、面倒で後回しにしてしまいがちですが、きれいに洗ったシュラフで寝るのは気持ちがよく、油を落としてやることで本来のロフトが発揮され保温性も回復します。ぜひ、NIKWAXを使ってダウンシュラフ本来のパフパフ感を取り戻してみてください(๑´ڡ`๑)

「いいね」して頂くと、
Facebookで最新情報をお届けします。

お気軽にフォローください
           

  1. たか より:

    羽毛布団もダウンジャケットも、ダウンは押し洗いと乾かしてからの偏った羽毛の捌きが肝ですね。中の団子になった羽をバラけるように捌くのは、全然見えないから、終わりが分からない。
    半日仕事だよね。で、その後も気になったらバサバサやって、安心できるのに一週間ぐらいは掛かりますね。
    お金持ちなら高級クリーニングに出せば良いんだろうけど、なかなかそうもねぇ。

  2. 清宮 健太 より:

    そうですねー!羽毛の製品は気を使いますよね・・・
    ダウンシュラフは下手に扱って性能が落ちてしまうと困りますし。
    本当半日仕事と言う感じです(汗)
    クリーニングはクリーニングで、ダウンの実績があるところじゃないと微妙だという話を聞くので、
    結局は丁寧に自分でやるのがいいのかな?とか思ったりしています。
    お金も浮きますしね☆

comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

冬山登山1年目の振り返り~装備、天気、登った山について~

先日、2017年の厳冬期登山をミッションコンプリートしました。「これくらい登れたら上出来」という回数、内容を超える事ができたかなと思っています。 どんな事でもスタートダッシュが肝心。新しいことを始める …

グレゴリー「バルトロ75」を使ったテント泊登山のパッキング方法

テント泊登山では装備類が増えるため、どうやってパッキングしたら良いのか悩ましいですよね。私はテント泊登山にグレゴリー「バルトロ75」を使っていますが、これが非常に使いやすく、多くの装備を快適に運ぶこと …

モンベルのシュラフは結局どれが一番良い!?~タイプ別におすすめシュラフを紹介~

シュラフ(寝袋)は旅の形態に関わらず最重要装備であることに疑いの余地はありません。日本一周であれ、登山であれ、ちょっとした放浪旅であれ、絶対に必要な物ですね。 シュラフを扱うメーカーはたくさん存在しま …

秋(9月~10月)に北アルプスでテント泊登山する時の装備【まとめ】

2016年9月と10月に北アルプスへテント泊・縦走登山に行ってきました。晩秋の北アルプスは空気が澄んでいて景色は美しく、人が少ないので静かな山行が楽しめるおすすめの時期です。一方で、気温がぐっと下がり …

雪山登山で使うテントを検討!「エスパース」や「エアライズ」などメジャーなテント4つを比較

雪山登山でテント泊する場合、どのテントを使えばいいのか本当に悩ましいですよね。今年は雪山テント泊を前提としてテントを買い替えるつもりで、アレコレ検討しています。誰もが納得する「普遍的な正解」はないと思 …


名前:清宮(きよみや)
2016~2017年、自転車日本一周達成。日本一周中に山の魅力に気づき、そのまま登山と山岳写真にハマる。でっかいカメラ担いで日本中の山を歩いています。夢は山ガールと登山すること。


follow us in feedly
Feedlyで新着記事を購読する。
292日に及ぶ自転車日本一周の記録。山以外の日本の風景写真。旅に関するコラムなどを扱っています。